スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

「旅の宿」と蔦温泉

2007/06/05 Tue 23:06

暦の上では夏、紗&絽の着物と浴衣を出しました

拓郎の「旅の宿」から
 浴衣の君は 尾花の簪
 熱燗徳利の首つまんで
 もう一杯いかがなんて妙に色っぽいね
  
 僕はすっかり酔っちまって
 君の膝枕でうっとり    
 もう飲み過ぎちまって
 君を抱く気にもなれないみたい 
  
    学生の頃は大人の世界の唄でした。
    憧れのような、ついていけないような・・
    とりあえず「文化祭では歌えないナ」と思いました。

    拓郎も還暦となり、肺の病気をして高音部に無理が・・
    それでもキーを変えずに歌っているとか(好きだなあ)

    何年か前に訪れた“青森県蔦温泉
    ここが岡本おさみの新婚旅行の場所で、
    作詞は実体験によるものであると、最近知りました。

 短い期間しか着る事のできない紗と浴衣、今年は何回着れるかな・・ 
MyFavorite | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。