スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

秋田県立大館鳳鳴高校

2007/02/05 Mon 01:05

 最近気が付いたのですが、母校大館鳳鳴高校21期HPhttp://homei.s26.xrea.com/index.htmlにリンクして戴いているようです。恐れ多いことではありますが、怠け者へのエールと受け止め頑張りますので、見守ってくださいませ。

 伝統ある男子校で、女子が0のクラスもありました。今思えば、気骨のある優しい男子が周りに揃っていて、其の中でノンビリ過ごしていたのでしょう。
 卒業してからもそのスタンスは続き、淋しくなると東京から特急に飛び乗り(あの頃は9時間位かな)大館駅で電話するのです。「今、大館!」「待ってろ、今誰か迎えにやるから」連絡網が回り何人かが集まって宴会となり、実家まで誰かが送ってくれるのです。わがままな話だけど、こんなことが出来る裡は、皆学生の頃と変わってないと確認できて、安心出来たのでした。現在秋田市在住の私は、その当時の罪滅ぼしとでもいいますか、大館鳳鳴縁の方がお越しの際は万難を排してお迎えしております。

 今でもすまなく思っているのですが、寡黙な方がおり、車で1時間、送って頂いたのにとうとう何も話せませんでした。
もう忘れちゃったよね・・やはり旧き佳き時代だったのでしょう・・
わたくしごと | コメント(2) | トラックバック(0)
コメント
大館鳳鳴
なつかしいねぇ。大館鳳鳴高をなぜか尋ねたことがあるのです。大館通信部改築話で大館に行った帰りにでも寄ったのかなぁ。たしかに女子生徒は少なかった。稀少価値でもてたろうなぁ。そこんとこいくと小生の東京学芸大附は男女同数。掃除をさぼる女の子を横目に男子がお掃除なんてシーンもあったなぁ。冷奴の部屋に、誕生祝の書き込み、ありがとうございました。
鳳鳴を尋ねて下さったのですね
 冷奴様
 古い学び舎、土井晩翠作詞の校歌が偲ばれます。私の時分は50対6でしたが、情けないことに、男女間の友情を実証するに留まりました。fifty-fiftyの東京の進学校には逸話もた~くさん有ったのでは?

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。