スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
「ところで、お酒とカラオケ、イケますか?」労働行政の初めとなるS県庁の面接でのことです。お酒は全然ダメ、カラオケが空のオーケストラだ何てことも知らなかった私ですが、やむなく、とりあえず、埼玉県運転免許書センター出身と言う事で時の人だった、沢田知可子の会いたいを練習しました。財津和夫作曲のメロディーラインに助けられ、何とか飲み会を乗り切って来た感があります。
 近年、秋田労働局にはいろいろあって、飲み会は自粛。ごく親しい方との新年会となりました。青春時代の歌をということになり、ここで標題の“青春の影”や「人混みに流されて変わっていく私を貴方は遠くで叱って」の“卒業写真”なんか、私にとってはほとんどバイブルとも言える曲が出てくる訳です。K様のサッカーで鍛えた?素敵な声とワインに酔い、凍った道を「君のこ・こ・ろへつ・づ・く・・」などと唄いながら、帰った様な気がします・・
 コブクロや絢香も、いつかは、誰かのバイブルになるのでしょうね
スポンサーサイト
わたくしごと | コメント(0) | トラックバック(1)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。