スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
 日付が3月11日になった頃に、前回アップをしました。
その後の出来事は・・・・・・
人は思うようにも生きられないし、思うように死ぬことも出来ない、
思い知らされた気がします。
ご冥福を祈り、出来ることをしようと、今は思っております。

 そんな中、危ぶまれた甲子園大会が開催され、応援も自粛されましたが、
同期の何人かはスタンドに集結し、長年の夢であった、土井晩翠作の校歌を
唄ってきたと報告がありました。
(その後、去り難く、しばしスタンドを占拠していたそうです。)
勝敗は二の次、天理高校相手に、のびのびと戦ってくれました。
「後輩の皆さん、斉藤監督、思い出を有難う!」
サロンのメンバーの方をはじめ、応援してくださった皆様、有難うございました。
スポンサーサイト
わたくしごと | コメント(0) | トラックバック(0)
 先月より、秋田県稲庭うどん協同組合が運営する
商品開発プロジェクトに参加することになりました。


 課題の一つとして、地元に伝わる細かい“卯の花麺”の新たな商品開発があります。
卯の花麺乾

先日の会議の途中「先に試食をしましょう」となり、
男性陣が背広を脱ぎ捨てて、調理実習となりました。
   卯の花麺作成
   鍋にざるを入れて、へらでかき混ぜながら茹でます。

                卯の花麺試食 薬味はねぎ、おろし生姜など
                レンゲでスープと一緒に!
                チョッと変わった食感で、とても美味しく頂きました。
                離乳食やお年寄りの方のお食事にも適しています。

 これから、生地・つゆの開発、レシピ作成等に取り組んでいくのですが、
 どんな商品が出来ていくか、 自分自身もとても楽しみです。
わたくしごと | コメント(0) | トラックバック(0)
1月28日
 創立113年の母校、大館鳳鳴高校の悲願でありました、
甲子園出場が決まりました。


 連日、大雪のニュースばかりだったマスコミに、
後輩達のユニフォーム姿や、街中の明るい表情が溢れ、嬉しい限りです。
大館駅に掲げられ、一文字をめくるだけになっていた横断幕の
「祈 大館鳳鳴高校 選抜出場」が
「祝 大館鳳鳴高校 選抜出場」に変わっておりました。

サロンの皆様や、久しく音信の途絶えていた友人からも“祝メール”を頂き、
甲子園効果を感じております。

2週間程前、ドキドキされてた頃の校長先生、齊藤監督にもお会いしたばかりでした。
ホッとしたでしょうね。良かったですね!
選手の皆さんの帽子投げ、きっと事務長だったWa君も空から見ていたと思います・・

     センバツ出場雪中選手
       関連記事:毎日新聞秋田支局
       http://mainichi.jp/area/akita/
わたくしごと | コメント(0) | トラックバック(0)
 1月12日
 センバツ高校野球の21世紀枠候補となり、話題になっております母校ですが、
今年も、大館鳳鳴高校の特別講義を担当させていただきました。


 教室に入るとキラキラした眼差しに押されそうになり、
挨拶をしながら見渡すと、皆とっても奇麗です。
男子校だったので、私達の頃は男子はもっと恐い(失礼)感じでした。

“講義内容”
○今後のライフプラン
○法令遵守、労働者に適用となる諸法令について
○名刺・お茶の出し方、席次の判断等、職場での礼儀作法について 等々
情報のアンテナは高く、広く掲げて
今はまだ遠い話かもしれないのですが、
いつか、少しでも役に立ってくれることを願うばかりです・・
「走れよ、自分の速さで」中谷健太郎氏の著書より

投げかけた質問に、ニコニコと応じてくれた後輩の皆さん有難う!
最前列のChi君にはお茶碗を運んで頂いたりと、ご協力感謝します。

 講義が終わって、校長先生とひとしきりお話を。
席を同じうしていた彼と、時を経て校長室でシェイクスピアの事を静かに語らう・・
人生は不思議で佳いものだと思う瞬間です。

帰りに玄関の校章を、心の支え盾と桜です
          1.12鳳鳴盾と桜

>>続きを読む・・・
わたくしごと | コメント(0) | トラックバック(0)
慶福
 新しい年です。
年末年始、仕事に追われておりましたので、やっとお正月気分です。

 標題、死ぬまでに・・
著者はマーク・トウェーンの血を汲む、パトリシア シュルツ
米国でとても売れているエッセイガイドだそうです。
日本では8カ所、富士山、京都、世界に誇る日本のお花見、
そして、中山道妻籠宿が。
    妻籠宿生駒屋 江戸末期の旅籠“生駒屋”辺り
 江戸時代の町並みを守るため、
家や土地を「売らない・貸さない・壊さない」と
ここで生活しながら後世に伝えてきました。       
最初に保存事業が行われたこの寺下地区は妻籠宿の原点とも言われています。
高札場や本陣など、復原されながら、江戸時代そのものでした。

歴史とは?年月とは?
考えさせられる場所でした。

死ぬまでに行きたい所
     やりたい事
     言いたい言葉
     会いたい人・・・・様々な想いが叶う年でありますように、祈ります。
              皆様、本年もどうぞ宜しくお願い致します。norimama

わたくしごと | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。