FC2ブログ

レピアーノ 仕込みの夜

2012/08/19 Sun 22:41

 今日は仕込みの様子をお知らせデース

 おかげさまで、週末の“お箸でフレンチご飯”の
デザートの仕込みが忙しく、プラス
ハーフコースのビネガークリームソース用の
熱川高原フレッシュポークの仕込み

pork煮込み
 貴重なポークを熱川精肉店さんより分けていただいております。
オーブンで焼いて、ワインビネガーと白ワインで2時間煮込みます。
オーダー頂いてから、切り分けて、グリルし、
ワインビネガー、コンソメ、生クリームと順次、お肉に
滲みこませるようにしながらソースを作っていきます。
最後にバターを溶かし込みます。ガルニと共にソースを絡めて頂きたいノデス。。。

        チーズケーキ
      好評につき、チーズケーキを二つ焼きました。
      ベイクドタイプですが、やわらかくて、
      料理教室・ケータリング等でファンの多かった作品です。

出来上がると、深夜、月も大分傾いてきました。
味見をして一人ほくそえみ、「ヨシッ!」という感じで、後は、お客様のおいでを待つのです。

Diary | コメント(0) | トラックバック(0)

レピアーノのチラシ

2012/07/10 Tue 18:03

7月10日 
 6月の台風に見舞われ、伊豆高原も嵐でした。
木々の折れた後の、お手当てがまだ間に合いません。

7月になり、やっと夏らしい気温、でも風はどこまでも爽やかです。

久々の完全休日、日頃お世話になっている方々にご挨拶廻り、新メニューの試作と
忙しく過ごしました。

町内会の会長さんが横手市出身の方で、
お近くに大館鳳鳴高校の先輩がおられるとのことで、急遽お会いすることになり、
ミニ秋田県人会となりました。

 “イズハピ”に夏の週末ランチと宿泊プランをアップして頂きました。

とりあえず、手づくりのレピアーノのチラシを作り、外看板の前に置いているのですが
お散歩の方、わざわざ車を停めての方、持って行って下さるので何か嬉しいです。

夏休み、
デッキで夕涼み、和室でごろ寝・・・
ゆっくりと過ごしていただけたらと、思っています。

Diary | コメント(1) | トラックバック(0)

伊豆高原レピアーノ 

2012/05/28 Mon 00:59

伊豆高原 Repiano からです。
まもなく2ヶ月、

爽やかな高原のそよぐ風、鳥の声、で目が覚めて一日が始まります。
海と天城山に囲まれ
雨の日は霧が降り、早めに暮れてしまいます。
そんな日は温泉に浸かって寝ちゃうしかありません。

早速に秋田から来て下さった同期の方々、有難うございました。

オープンから料理教室の方、大学時代の友人が泊りがけでお手伝いに来てくれました。
現場監督さん、ご近所のペンションの方達も何かと気にかけて下さり
仕入れも大分慣れて
市場から帰ってきたお魚屋さんが、庭のパセリをおまけにくれました。
林農園のワインもお酒屋さんの尽力で手に入るようになりました。
伊豆新聞の情報サイトに掲載しました。
http://izuhapi.net
料理教室のMさんが来てくださって、ブログアップしてくれました。
http://ameblo.jp/nokotin/entry-11238255270.html

レストランのHPを作って、ブログを移行しなくてはならないのですが・・
まだ、間に合いませんので・・
山桜②桜の頃、山桜がとても綺麗でした。
         デッキに信楽焼の器。
         桜吹雪の中で、珈琲を野点のように!

        ハーフコース② “ハーフコース”   
 ランチタイム 11:30~14:00
 ディナー(ご予約下さい)18:00~20:00 
 お休み 火曜日と第一水曜日(宿泊の方は承ります)

 宿泊の場合は車で5分のプチホテル“シャトウシャングリラ”と提携しました。
 レピアーノで夕食後と朝食のために、送迎いたします。
 和室と桧のパウダールームもご利用下さい。

どなた様も、森の中の隠れ家レストランへ、どうぞお出でかけ下さいませ。
お待ち申し上げます。

℡ 0557-51-0177 伊豆高原駅から桜並木を真直ぐに、パリ装飾美術館の手前。
                車で7分位、バス停は大室高原7丁目

 
Diary | コメント(5) | トラックバック(0)

Repiano

2012/03/27 Tue 01:13

2012年4月11日
Repiano(レピアーノ)が伊豆高原にオープンします。


 建築家の岸本和彦先生
そして大同工業㈱さんは、ずうっと憧れの存在でした。
http://ac-aa.com/
  worksのhousek2
  レポートの12/3が私の家です。)

幸運にもそのお二方がプロジェクトを組んで下さって、
お客様(主旋律)の伴奏者(Repiano)となる料理を作りたい、夢が実現したのです。

 4月7・8日にオープンハウス、試食会を計画して頂きました。
http://www.daido-kogyo.co.jp/news/news.html#eve_10

〒413-0232
静岡県伊東市八幡野字高塚1251-3
℡0557-51-0177
レピアーノ           伊豆高原駅から桜並木を上がって、車で5分位
                パリ装飾美術館の近くです。

レシピを惜しげもなく下さった方、
躊躇する私の背中を押してくれた方、
ずうっと心の支えになってくれた方・・・有難うございました。

今年は寒く、桜が待ってくれました。オープン時は見頃です。
皆様をRepianoでお待ちいたします。
Diary | コメント(0) | トラックバック(0)

ゲストハウス南回帰線

2011/12/16 Fri 22:47

 伊豆、城ヶ崎海岸のあたりは、
高原とはまた趣の異なるペンションが点在します。
南回帰線玄関カラフルで可愛らしい玄関
お部屋はアジアンテイストでまとめられ、
お風呂は、露天もあって、チェックイン時に予約。
 南回帰線朝食南回帰線パン
朝食はスタンダードで、よくまとまってますね。
パンがしっかりとした固さで、とても美味しかったです。
珈琲のお替りが出来るのかナ・・
      南回帰線リス ダイニングの庭にアイドルが。
                   お食事の栄養価が高すぎるのか、やや肥満?
気のせいか、オーナーの空気が希薄で、
あまり構われたくない旅には良いかも・・
周辺観光については
パンフレットが充実しているので助かりました。




Diary | コメント(0) | トラックバック(0)
« Prev | HOME | Next »